女性が働けるスポーツ施設

スポーツ施設で働きたい女性の皆さまへ

スポーツ施設で働いてみたいと考えている女性は多いです。なぜなら、スタイル維持や美しさを維持しながら自分らしくお仕事をすることができるからです。女性にとっては、見た目の美しさも非常に重要なポイントとなります。

仕事の種類

jim5

  • ヨガ教室
  • ボーリング場
  • 競技施設
  • ゴルフクラブ
  • 体操教室

施設と一口に言っても、かなり様々なものがあります。フィットネスやジム・スポーツクラブなどが挙げられるでしょう。スポーツ業界では最も多く存在している施設と言えるのではないでしょうか?

スポーツジムなどでお仕事を進めていくにあたり、必要となる資格も沢山あります。例えば、スポーツクラブインストラクターが挙げられます。これは、普通のジムで必要となるものではありません。水泳ならば、日本水泳連盟で取ることが可能。エアロビクスならば、日本エアロビック連盟の公認団体で取ることができます。

ヨガなら、全米ヨガアライアンスといった指定スクールでの取得が可能。ゴルフインストラクターは、ゴルフの腕前が高いということを認めてもらうためのものです。つまり、ゴルフのレッスンプロは資格がなければプロとは呼べません。

資格

資格取得までの流れとしましては、筆記や実技試験を合格することが重要です。そして、自ら名乗ることができれば本当のプロフェッショナルと呼べるでしょう。

また、スポーツプログラマーというものもあります。これは、スポーツクラブやフィットネスクラブ等で怪我や事故なくスポーツができるように指導する専門家のことです。この時に、適切な指導やアドバイスをしなければなりません。

ですので、資格を取得する必要があるのです。間違った指導法を行ってはならないので、取得するまでは指導ができません。
管理栄養士も人気が高いです。栄養管理の基礎などを勉強することができるので家庭でも重宝されています。

健康に日頃から興味関心が高いという方にはオススメできるのではないでしょうか。この国家資格があれば、傷病者に適切な療養のための栄養指導ができます。スポーツマンといった運動量が高めの人の栄養指導、学校の給食やレストランでの栄養指導など。様々なシーンで効果を発揮してくれる国家資格と言えるでしょう。女性を中心に人気が高めとなっています。

エアロビックダンスエクササイズインストラクターは、有酸素運動全般を通しての体力維持や健康増進の指導をすることです。ヨガインストラクターは留学でも取ることが可能なものです。ヨガを行う上で基本となるポーズや呼吸法を指導していきます。スキューバダイビングインストラクターは、知識や技術を教えていく人のことです。

海が大好きで、海底まで潜ってみたいと考えている人に知識提供ができます。リフレクソロジストは、足裏を刺激する健康療法のこと。リフレサロンの他にも病院や介護施設などでも幅広く使われています。非常に重宝されているものでニーズも高めです。

【番外編】スポーツ施設受付の仕事

番外編として、スポーツ施設受付の仕事も紹介しています。フロントスタッフというお仕事を具体的に取り上げます。
このサイトではどんな種類や資格があるのかが分からない方に向けて詳しく説明をしています。このサイトが、スポーツ施設で働いてみたいという方の参考になれば幸いです。

Comments are closed.